日本で最高の老人ホーム施設の特徴

老人ホームといっても、種類が多くてどう選べばいいか困ってる人は多くいます。種類としては、11種類もあります。
老人ホームといっても、種類が多くてどう選べばいいか困ってる人は多くいます。種類としては、11種類もあります。

関連トピック(スポンサー広告):

また、運営主体によって大きく特徴が異なったりもします。老人ホーム施設を利用する前にどのようなサービスがあって、どんな入居条件があり、特徴や違いを知っておく必要があります。そこでいくつか老人ホームの特徴などをまとめてみました。

また、運営主体によって大きく特徴が異なったりもします。老人ホーム施設を利用する前にどのようなサービスがあって、どんな入居条件があり、特徴や違いを知っておく必要があります。そこでいくつか老人ホームの特徴などをまとめてみました。

老人ホームの運営主体は「公的施設・民間的施設」

老人ホームは、運営主体により大きく2つに分けることが可能です。1つ目は、国・地方自治体や社会福祉法人が運営しているのが公的施設になります。2つ目は、民間企業が運営している民間施設になります。これらをさらに細く分類する事ができます。

公的施設の老人ホーム5種類

・特別養護老人ホーム

寝たきりや認知症などの介護度の高い人が入所できます。特別養護老人ホームは、終身利用が可能です。費用が安く入居希望者が多数いて入居待ちの期間が長きなっています。

・養護老人ホーム

経済的な理由で在宅サービスを受けられない人が入所できる老人ホームです。介護施設ではないので、介護が必要になると退去することになります。

・介護老人保健施設

病院を退院した後、在宅復帰が困難な場合に医療ケアやリハビリを受けることができる施設になります。入所期間は、原則として3か月になります。終身利用はできません。

・介護医療院

医師や看護師が常駐しており、長期入所や終身利用が可能な施設になります。要介護や認知症の人が入所できます。相部屋になることが多いです。

・ケアハウス

一般型と介護型の2タイプがあります。一般型は、家族からの支援が難しく60歳以上の人であれば入居が可能になります。原則的に介護度や医療依存の高い人は、入居できません。一方介護型は、専門スタッフによる介護サービスが提供されるため、入居後に介護度が高くなったとしても退去を求められることはありません。

民間施設の老人ホーム

・介護付き有料老人ホーム

一般的に介護が必要な65歳以上の人が対象の施設になります。介護が必要ない自立している人が利用できる混合型の施設もあります。入居条件も幅広く入居待ち期間が短くなっています。手厚い介護ケアが受けられる施設でもあります。

・住宅型有料老人ホーム

食事や掃除、洗濯などといった生活援助サービスが受けられる老人ホームになります。介護サービスは、外部のサービスを受ける必要があります。介護度が高い人や医療依存度の高い人は、入居できない可能性があります。

・健康型有料老人ホーム

介護の必要がなく、自立生活ができる方のための施設になります。そのため、介護が必要になったり、認知症を発症した場合は退去する必要があります。サークル活動・イベントなども充実したアクティブに暮らしたい人にオススメの老人ホームです。

・サービス付き高齢者向け住宅

60歳以上の人が入居可能なバリアフリーの賃貸住宅。安否確認と生活相談が提供されます。介護が必要になった場合、外部サービスを利用し生活できます。介護度が高くなると住み続けるのが難しくなります。

・グループホーム

65歳以上の認知症をもつ方のための施設となります。施設がある市区町村に住民票がある人のみが入居が可能です。専門スタッフのサポートしつつ、可能な範囲で役割を持ち自立した生活を行います。少人数で環境の変化対応が難しい認知症を持つ方が穏やかに暮らせる環境を提供してくれます。

・高齢者向け分譲マンション

高齢者が住みやすいようにバリアフリー設計の分譲マンションです。生活支援サービスを受けることが可能になります。物件を購入することになるため、売却や譲渡・賃貸など自由にできます。富裕層向けで設備が充実した物件が多くあります。

老人ホームの費用

老人ホームの費用は、種類毎やみかん企業によって大幅に変わります。公的施設の方が民間施設より初期費用や月額が安くなっています。公的施設の中には、初期費用がかからない施設があります。その分、入居条件が厳しかったりします。また民間施設は費用が高い分、充実したサービスを提供してくれます。

老人ホームの選び方

入居のタイミングや目的になどで選ぶ施設の種類が変わってきます。また、費用も継続して支払うことが可能な範囲の施設を選ぶ必要があります。施設探しをするにあたって必要事項を確認する必要があります。以下が必要事項になります。

・入居理由…一時的な利用か長期的な利用・介護・看護の必要性・生活面の不安なのか将来の安心のためか

予算…手持ち金・財産処分等

求めるサービス内容…手厚い介護・自立支援・食事・レクリエーション・イベント等

設備…居室・共有スペース

立地・エリア…家族との距離・どの街・交通の利便性・自然環境等

医療・リハビリ体制…医療ケア・認知症の度合い・身体状況

これらに気をつけて老人ホームを選べば求める老人ホームを見つけることができるかと思います。

関連トピック(スポンサー広告):

あなたが好きかもしれないもの

Mobile Sliding Menu

Comparisonsmaster